SDGs

宝興建設株式会社では、会社設立以来、様々な地域活動に参加したり、自ら企画したボランティア活動を行ったりしてきました。全ては地域社会のお役に立ちたいという思いからです。
近年、SDGsという言葉を耳にされることが多いと思いますが、この取り組みは正に我が社がこれまで行ってきた活動に通ずるものです。これからも初心を忘れず、この取り組み姿勢を継続していきたいと思います。
弊社独自の取り組みについては→こちら

宝興建設株式会社は、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。 
ロゴ、アイコン使用のためのガイドライン
ロゴ、アイコン使用に関するよくある質問(FAQ)

【 SDGsとは 】

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」という理念のもと、持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。
2015年の国連サミットにおいて全ての加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標で、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

【 SDGs宣言 】

近年、社会的にSDGsに対する関心が高まっており、経済・社会・環境のバランスが保たれたよりよい世界を目指す共通目標として掲げられています。
私たちが行っている建設事業、電気事業は、人々の生活の基盤である住環境の提供やまちづくり、また経済活動の基盤であるインフラ整備、防災、衛生、省エネルギー、環境保全など事業自体がSDGsと直結する業種で、あらゆる局面で大きな関わりを持ち多くの影響力を有しています。
当社は地域の企業として、経営理念に基づき技術研鑽に励み顧客が満足する商品の提供、インフラ整備や災害対応など、将来にわたり地域社会への貢献を目指しており、このことは、世界的な取り組みであるSDGsと深く関わっていると再認識しました。
私たちは、社会や地域の現状を理解し2030年のあるべき姿を目指し、企業としてはもちろん、一人一人が普段の生活からSDGs推進に向けた活動を実践し、持続可能なよりよい社会の実現に向けて取り組みます。

【 SDGsへの取り組み 】

安全安心な社会

火山噴火、豪雨など自然災害に対応する強靭なインフラ整備と防災対策

  • ドローン・ICT技術導入による生産性の向上と業務の効率化
  • 高い管理目標を設定した事業実施
  • 災害発生時の応援協力

健康で快適に暮らせる社会

高齢化、人口減少に対応する健康で快適に暮らせる地域社会

  • 従業員全員の健康診断実施と健康教育の充実
  • ペットボトルキャップ回収による世界の子供たちへのワクチン供給支援の継続
  • 冬期の生活道路を確保する除雪作業の実施

環境保全

地球温暖化、環境汚染に対応する環境負荷低減活動と事業推進

  • 現場発生未処理排水の減量
  • 間伐材の積極的利用
  • 現場におけるゴミの分別収集
  • 省エネ運転の推進
  • 低炭素車両の導入

持続可能な地域社会

持続可能な地域社会の継続に対応する社会貢献、地域貢献活動

  • ゴミ拾いなど地域活動への参加
  • 環境美化の推進(ぎふ・ロード・プレーヤー活動の継続)
  • 従業員の地元消防団活動に対する支援の充実(消防団協力事業所の認定継続)

働きがいのある職場環境

労働力減少、働き方改革に対応する職場環境

  • 高品質確保、管理体制確保のための資格取得に対する支援
  • 外国人技能実習生の積極的雇用
  • ワークライフバランスの充実(岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業登録の継続)
  • 労働環境改善や人材の育成等の取組みの充実(ぎふ建設人材リーディング企業認定の継続)
TOP